事業案内

ガイドヘルプ事業

障がいのある人の地域生活を支えるために、1人では移動が困難な障がい者(児)に対して、余暇活動や社会生活上必要な外出の際にガイドヘルパーを派遣して、移動の介護を提供するサービスです。自宅から公園や博物館、動物園、プールに行くときなどに使えます。
小学校1年生以上の全身性障がい者(児)・視覚障がい者(児)・知的障がい者(児)・精神障がい者(児)が利用することができ、市町村によっては障がい者手帳を持っていない難病患者等も利用することができます。

 

ホームヘルプ事業

訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の居宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の介護や調理、洗濯、掃除等の家事を行うサービスです。

身体介護とは利用者の身体に直接接触して行う介護サービスで、日常生活動作(ADL)や意欲の向上のために利用者と共に行う自立支援のためのサービスです。

生活援助とは身体介護以外の介護であって、掃除、洗濯、調理など日常生活上の援助であり、利用者が単身、またはその家族が障がいや病気等のために本人若しくは家族が家事を行うことが困難な場合に行われるサービスです。

 

重度訪問介護事業

                           障がい者の自立を支援します。

  • 重度の障がいのある方に対し訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の居宅を訪問して、入浴、排せつ、食事等の介護や調理、洗濯、掃除等の家事を行うサービスです。障がい者の方が一人で生活できるよう私たちは応援していきます。

 

グループホーム事業

                      この事業はNPO法人あい・えーるが運営します。

  • 障がいをお持ちの方が住み慣れた地域で生活できるよう、共同生活施設を開設・運営し必要な支援を行います。
  • 「まるで自宅のような環境で自分らしく生きる」をモットーに介護福祉の専門家が常駐し、利用者さまのお世話をします。
  • 令和4年7月に第一号の施設を建設予定です。